Los Angeles Town

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する取り組み - 詳細はこちら

ロサンゼルス
日本

プロに聞く Ask a Pro

留学情報

AJI留学

留学生のリアルな一日(コロナ禍のルーティーン)

こんにちは、インターンのまやです。

今週は、AJIのインターンの皆さんに協力したいただき、リアルな留学生の1日を紹介します。


 

コミュニティカレッジ 社会学専攻  M.Sさん

 

平日                                                   休日

留学生からの一言

外出しない分、生活のメリハリが付きにくくなってしまうこともあります。休日はきちんと外に出て運動したり、太陽の光を浴びる時間を作ることで、気分も体もリフレッシュ出来ます!忙しい生活の中、必ず1週間の中でそういったリラックスできる時間を設けて、プロダクティビティ(生産性)を高めています。


四年生大学 心理学専攻 R.Uさん

 

平日                                休日

留学生からの一言

コロナ禍のメリットとして、フレキシブルに授業や勉強、仕事、運動、遊びのスケジュールを立てることが出来ること。


四年生大学 マーケティング専攻 A.Cさん

 

平日                             休日




留学生からの一言

タイムマネジメントが鍵です、1週間の予定をプランナーに書いて、あらかじめ今週のやらなくていけないことを把握することはもちろん、忙しくなる日は前日までにToDoリストを作ることで、日々のバランスを保っています。




 

日本の大学との違い

 

授業時間は、日本の大学生よりも比較的少ないですが予習・復習・課題に費やす時間が多いです。授業の3倍の時間を勉強に費やさなければいけないとよく言われています。

 

※「アルバイト」とありますが、アメリカでは基本的に学生ビザで仕事をすることはできません。キャンパス内の図書館やAdministration(運営)でのアルバイトでお小遣い程度稼ぐことはできます。



Maya Starks