Los Angeles Town

ロサンゼルス
日本

コラム Column

ビザについて教えて!マーク・C・オプリ移民弁護士!

マーク・C・オプリ移民弁護士

マーク・C・オプリ移民弁護士

カテゴリー:法律
9920 Pacific Heights Blvd, Suite #150, San Diego, CA 92121
TEL: (858) 263-3360 / FAX: (858) 263-3201

非移民ビザ 予約の敏速化

非移民ビザ 予約の敏速化

COVIDの大流行により、海外渡航は予断を許さない状況となっています。各国ごとに状況が異なり, 変化が激しいため、ビザの取得がより複雑になっています。

領事館は、限られた資源、他の責任、国の状況とのバランスを取りながら、通常のビザ業務を拡大しなければなりません。その結果、タイムリーな ビザ予約は常に可能とは限りません。

領事館によって、迅速なビザ予約の申請方法が異なります。

 

-エクスパダイトビザ予約の申請方法-

迅速なビザ申請には、以下のガイドラインを考慮することをお勧めします。

 

1.現実的なを予測持つ

- 渡航が決まったら、すぐにビザの待ち時間を確認してください。
 →こちらから確認する

申請予定領事館のビザ待ち時間を確認する。各領事館は定期的に待ち時間を更新しています。

予約する必要はないかもしれませんが、最悪の場合を予測し、待ち時間を把握し、申請準備の時間を最大限に活用することができます。

- エクスパダイト予約を申請する前に、非移民ビザ申請書を提出し、申請料金をすべて支払わなければなりません。

- 領事館に人員やリソースがない場合や、緊急でやむを得ない要請であっても拒否されることがあります。

- エクスパダイトリクエストを申請し許可された場合でも、すぐに予約が取れるとは限りません。例えば、通常の予約が6ヶ月先まで埋まっている場合、エクスパダイトリクエストの予約は3~4ヶ月先まで埋まっている可能性があります。

 

2.緊急渡航時には十分に説明、証明できるように準備してください

- 人道的な理由による不測の緊急渡航(緊急医療や家族の危機など)の場合 、優先予約の対象となる可能性が高くなります。事前に説明する内容を決めておき、その内容を裏付ける書類を用意してください。

- 各領事館は、予約の迅速化に関する独自のガイドラインを作成しています。

そのようなガイドラインを念頭に置いて申請書を作成してください。領事館のウェブサイトをチェックしてください。

 

3.領事館の要件を満たすために弁護士と協力する

-弁護士はあなたの味方です。弁護士は、通常、他のクライアントの迅速なアポイントメント要請の経験や、同僚の経験にも精通しています。弁護士と一緒に活動することで、その経験と成功のための最良のチャンスにアクセスすることができます。

- 弁護士は、エクスパダイトリクエストを要求することができますし、もし、あなたのエクスパダイトリクエストが拒否された場合でも、再スケジュールを組むことや法的オプションを検討することができます。

 

当事務所は、バイオテクノロジー、エンジニアリング、コンピュータ設計、テレコミュニケーションなどのハイテク産業の雇用に基づく移民法を主要な業務分野としています。特にE、H、L、P、TN、Oビザなどの非移民雇用ビザを取得して米国で働くことを希望する外国人、および永住権/移民ビザ(「グリーンカード」)を申請する米国企業の代理人を務めています。