Los Angeles Town

ロサンゼルス
日本

タウン情報 Town Info

宮本ガン美紀子法律事務所 - The Law Office of Mikiko M. Gunn

宮本ガン美紀子法律事務所では、リーズナブルな弁護士料で、日本人弁護士ならではの丁寧なリーガルサービスをご提供致します。移民法、エステートプランニング(相続法・資産法)、IEP(特別支援教育法)を専門に取り扱い。
宮本ガン美紀子法律事務所
The Law Office of Mikiko M. Gunn
宮本ガン美紀子法律事務所
The Law Office of Mikiko M. Gunn

law宮本ガン美紀子法律事務所では移民法、エステートプランニングとIEP(特別支援教育法)を専門に、リーズナブルで、日本人弁護士らしい迅速かつ丁寧なリーガルサービスをご提供いたしております。

アメリカでご夫婦やご家族で一緒に暮らせますように、また、アメリカで夢を叶えられますように、法律の面でお手伝いさせていただきたいと思っております。そして、アメリカで暮らされる方の大切なご家族と財産をお守りするお手伝いをさせて下さい。

移民法に関しての初回相談は無料となっております。また、移民局へのご提出前のビザ申請書類見直しサービスをリーズナブルな価格でご提供しております。

また、障がい児を育児中である当事務所弁護士が、アメリカにお住まいの障がい児をおもちになるご家族のリーガルサポートもご提供しております。Special Education Law (特別支援教育法) やIEPに関してのコンサルテーションを行っておりますので、是非、ご相談ください。

当事務所弁護士への直通電話番号には日本語でのテキスト(SMS)も可。

主な取扱分野

  • Immigration移民法
    • 移民法初回相談無料
    • リーズナブルなビザ申請書類見直しサービス
    • グリーンカード申請(家族・結婚・雇用ベース、また在日大使館・領事館でのプロセス)
    • 市民権取得
    • ビジネスビザ(EB-1、EB-2、EB-3、E2ビザ、J-1ビザ、H1-B、L-1ビザ等)
    • 学生ビザ
    • 婚約者ビザ(K-1、K-3ビザ等)
    • その他
  • エステートプランニング
    • 初回相談 ご自宅やご勤務先へもお伺い致します(週末可)
    • リビングトラスト(生前信託)
    • 遺言書
    • 医療事前指示
    • 永続的財産委任状
    • 未成年・障がい者の後見人の選任
    • スペシャルニーズトラスト(障がい者の為のトラスト)
    • その他
  • IEPやSpecial Education Law (特別支援教育法)についても取り扱っております。

宮本ガン美紀子弁護士

Mikiko Miyamoto Gunn日本生まれ日本育ち。ウエスタンミシガン大学で政治学の学士号を取得後、サンディエゴにあるトーマスジェファソンロースクールにて法学博士号を取得。

その後、カリフォルニア州弁護士資格取得。現在、カリフォルニア州弁護士会、サンディエゴ弁護士会、AILA(アメリカ移民法弁護士会)などに所属。

コラム執筆中!

難しい法律の説明や困った状況の時に役立つコラムを書いています。

宮本ガン美紀子法律事務所コラムを読む  

  • 一般情報
  • コンタクト
  • 地図
  • クチコミ(0)
  • コラム
住所300 Spectrum Center Dr, #400, Irvine, CA 92618
Irvine Spectrum Center内
Tel(858) 432-6131
E-mailinfo@mikikomgunnlaw.com
ホームページhttps://www.mikikomgunnlaw.com/
担当Mikiko Miyamoto Gunn
営業時間月~金:9:00am - 5:00pm(祝日を除く)
※アーバインオフィスは要事前予約。
備考電話番号は日本人弁護士直通、日本語テキスト(SMS)も可。お気軽にどうぞ。

このショップ(企業)に直接お問い合わせが送信されます。

お名前
E-mail
コメント
認証
合計0件のクチコミ(平均

アメリカ生活 役に立つ法律知識

  • 05/16/19
    グリーンカードを取得する方法 Q: Diversity Visa Programに当選したら、自動的にグリーンカードがもらえるの?どんな手続きが必要になるの?A: 当選後、自動的にグリーンカードが手元に届くのかというと、そうではありません。DVプログラムに当選するということはグリーンカードを申請する権利を得たということですので、当選後、グリーンカード取得の申請を日本にあるアメリカ大使館・領事館、または、アメリカ国内にすでにいら..
  • 05/03/19
    日本に暮らす彼女・配偶者を呼び寄せたい! Q. 私は雇用主を通して、最近、グリーンカードを取得しました。数年付きあっている彼女が日本に暮らしています。婚約者ビザというビザがあると聞きましたが、彼女を呼び寄せ、アメリカで結婚生活を始められますか。A. 初めに、グリーンカード保持者は、アメリカ市民と違って、婚約者ビザの申請は出来ません。婚約者ビザはアメリカ市民の婚約者のみが取得可能なビザです。しかしながら、グリーンカードを所有している方も、ア..
  • 01/25/19
    高齢の母の為のエステートプランニング Q: 母親が高齢になり、認知症の症状が見られ、先月、公共料金の支払いを怠っていたことが分かりました。私と妻、子供達は他州に住んでいて、一緒に暮らそうと誘ってみましたが、長年住んだカリフォルニア州から離れるのは嫌だと断られました。Nursing Homeに入居させ、必要なサポートを受けられるようにしたいと考えています。医療の面と経済的な面で、どのようなエステートプランのオプションがありますか。A: ..
  • 01/04/19
    グリーンカード条件解除申請が却下!日本に帰らないといけないの? A: アメリカ市民の男性と結婚し、2年間の条件付きグリーンカードを取得しました。去年、主人と一緒に条件解除の申請をし、10年間有効のグリーンカードの発行を待っていましたが、その間に、主人と離婚することになってしまいました。先日、その条件解除申請書が却下されたという通知が移民局から届き、私のグリーンカードも失効になってしまいました。別居をしていた間に追加書類の請求が届いていたらしいのですが、知らずに..
  • 12/10/18
    H-1Bビザ:転職とグリーンカード Q. 現在、H-1Bビザを取得し、働いています。有効期限が1年残っていますが、ヘッドハンティングを受け、勤め先を変更したいと考えています。H-1Bビザを保持しながら、転職は出来ますか。A. 以下の条件を満たしていれば、H-1Bステータスを保持したまま、違う会社に転職も可能です。 当該業種において、通常、学士号あるいはそれに同等の職務経験以上が要求されること。 その職務は学士号あるいはそれ同等の..

もっとコラムを読む