Los Angeles Los Angeles Town

JOL
Japanese-Online.com
FREE Online Japanese Language and Culture Resource

生活便利情報 Life Tool

家計・社会保障 | クレジットカード

クレジットカード&デビットカード

クレジットカード
アメリカでは身の安全のため、現金をあまり持ち歩かない習慣になっています。キャッシュレス社会のアメリカでは、クレジットカードやデビットカードが生活必需品です。特にクレジットカードは信用がある人のみが持つ物であるとされ、身分証明書のようにもなっています。

アメリカに来たばかりの人がクレジットカードの申込みをしようとしてもなかなかカードを発行してもらえません。これはアメリカのカード発行の審査システムによるものです。クレジットカードを申請する際、日本では勤務先、勤続年数、収入などが審査の対象になりますが、アメリカではクレジットヒストリーが重要視されます。

クレジットカード会社では、クレジットカードの申込みを受け取ると、情報会社に申込者のクレジットチェックを行います。クレジットチェックとは、今どれぐらいの負債があるか、給料はどれぐらいか、家賃はどれぐらいか、公共料金やローンの支払を延滞したことがあるかなどです。これで問題が発見されると、クレジットカードが発行してもらえなかったりします。

クレジットヒストリー
クレジットヒストリーとは、ソーシャルセキュリティーナンバーのもとに管理されている個人の支払い歴で、保持しているクレジットカードに関する情報、車や住宅のローンなどの借入金に関する情報を意味します。またクレジットヒストリーは、弟3者機関であるクレジットビューローが管理しており、債権者が検索できるようになっています。もし何らかの支払いを遅らせたり、支払わなかったりした場合、支払いを請求している会社が、コレクションエージェンシーと呼ばれるプロの取立屋に通達します。ここまで行くと、あなたのクレジットヒストリーにこのことが記録されてしまい、その結果、クレジットスコアが悪くなり、高い利子を支払わなければならなかったり、クレジットカードを作れない、ローンが受けられないなどといった結果になります。

デビットカード
銀行のATM カード(日本で言うキャッシュカード)にVisaやMasterCardなど、クレジットカードの機能が付いたものです。チェックカードとも呼ばれています。ATMカードと同じ機能のほかに、クレジットカードとして買い物ができます。現在はたいていの銀行で口座を開設すると発行してくれます。ただし、これはあくまでもチェッキングアカウントからの引き落としになるので、アカウントに預貯金がないと使用することはできません。(つまり、チェッキング・アカウントに10ドルしかなければ、10ドルまでの支払いしかできません)。支払いの際は専用の機器にカードをスライドして暗証番号(PIN: Personal Identification Number)を入力し、銀行口座から即座に代金を引き落とす即時決済となります。なお、クレジットカード会社(VISA や MasterCard)のロゴが入ったカードはそのロゴが入ったクレジットカード会社のサービス加盟店でしか使用できません。

クレジットカードとデビットカードの違い
  クレジットカード デビットカード
発行先 クレジットカード会社 銀行
使用限度額 契約による金額 預貯金残高
所有者確認方法 サイン ピンナンバー
利用可能な店舗 カード会社と契約した加盟店 カード会社と契約した加盟店
決済 毎月1度 即時
金銭負担 年間費
戻る