Los Angeles Town

ロサンゼルス
日本

生活便利情報 Life Tool

暮らし・生活 | 車のアクシデント

交通事故にあったら?

慣れない自動車の運転でもし事故にあったら?と誰でも不安に思うもの。そんな万が一の事態に備えて、一体どんなことをしたらよいのか書いたメモや、緊急連絡先などを車の中において置くと良いでしょう。サンディエゴでは人身事故及び、重大な当て逃げ事故のみ緊急で警察を現場に呼び出すことが出来ます。その他の小さな自動車事故は各自で速やかに警察に届け出ることが必要です。

人身事故の場合

被害の状況に応じて救急車を呼びます。Emergency Medical Service (EMS) は緊急電話:911にかけます。公衆電話からは無料でつながります。ケガ人がいる場合はすぐ警察に連絡をし、救急車を手配するなどして手当てを受けさせることが先決です。

破損事故の場合

1) 事故現場に当事者がいる場合は両方の情報を速やかに交換します。交換情報の内容は以下の通りです。
 * 氏名、住所、電話番号
 * 自動車保険に関するもの(保険会社名、被保険者名、ポリシー番号、有効期限)
 * 運転免許証(氏名、住所、運転免許証番号、有効期限、生年月日)
 * 自動車名義人の氏名、住所、電話番号
 * 自動車について(車ナンバープレート、年式、メーカー及び車種、自動車登録番号&登録している州)

情報交換の際の注意:
- 特にご自身が被害者の場合、相手の情報はなるべく書面を確認し、相手の口からでなく、ご自身で確かめることも大切です。
- 同乗者がいる場合は氏名と人数を確認します。
- 目撃者の確認も重要です。目撃証人をしてくれる人がいた場合は、氏名、連絡先を控えます。
- 免許証や保険の有効期限が切れていないか確認しましょう。
- 免許証に記載されている住所が引越しなどで変更になっていないか注意してください。

2) 事故現場の状況についてメモを取ります。保険会社や警察への事故報告の際に情報として必要になりますので、なるべく詳しく書きとめて下さい。
 * 事故現場の住所(個人の敷地内、駐車場、公共の場所等)
 * 事故発生日時と時間
 * 事故発生状況

3) 速やかに保険会社に事故の報告をします。相手と交換した情報、事故発生の状況等を全てを知らせて下さい。

4) DMV (車両管理局)に事故報告書を提出します。損害額が$1,000以上、死亡または怪我の場合には10日以内に報告書を提出する必要があります。 Accident Report(事故報告書)は通常、保険会社から送られてきますので、その用紙に必要事項(事故発生日時、場所、当事者等)を記入して警察に届け出て下さい。もし、保険会社から用紙が届かない場合には、Accident ReportはDMVのサイトから入手できます。

アドレスはこちら。DMV

または、直接警察に事故報告書用紙の請求が出来ます。ロサンゼルスでは以下のところに$30のマネーオーダー(支払い先:LAPD)と、切手を添付した返信用封筒を同封し請求して下さい。

・Accident Reportの請求先はこちら。
Los Angeles Police Department
Records and Identification Division
P.O. Box 30158
Los Angeles, CA 90030

詳しくは Los Angeles Police Department までお問い合わせ下さい。

* こちらではロサンゼルスエリアの各警察署が探せます。
Police Department In your neighborhood

* 緊急(911)以外の一般問い合わせ電話番号
(619) 531-2000 (24時間通話可能)
(858) 484-3154 (Carmel Valley, Rancho Bernardo, Rancho Penasquitos, San Pasqualはこの番号です。)

2017年10月更新
戻る