Los Angeles Los Angeles Town

生活便利情報 Life Tool

習慣・マナー | 習慣

アメリカの習慣

チップ

ロサンセル素性方:習慣アメリカではサービスを受けたらチップを渡す習慣があり、チップ制度の習慣がない日本人は困惑してしまうかもしれません。チップは義務ではありませんが、アメリカでは一般的なこととなっています。ウェイトパーソンなどは特に時給よりもチップを当てにして働いている人が多いでしょう。でもサービスが悪かった場合、チップを減らしても構いません。

標準的なチップの額をあげてみました。参考にしてみてください。

レストランのウェイトパーソン 
ランチなら10%〜15%、ディナーで15%〜20%。

タクシー
 
料金の15%から20%。料金が低くても最低1ドル。人数が多かったり、荷物が多い場合は若干多めに。

ホテルのベルマン・ドアマン
 
荷物1個につき1ドルから2ドル。

ホテルのハウスキーパー
 
1人当たり1ドルから2ドル。

ピザ宅配などの配達人
 
短距離で1ドルから2ドル、長距離や大きなものの場合は、2ドルから3ドル。

美容院、ネイルサロン
 
料金の15%から20%。料金が低くても最低1ドル。

■挨拶

Hi, How are you?
すべてはこれで始まる、と言っても過言ではないぐらいに毎日誰に対してでも使えるあいさつです。日本でいう「元気?」にあたると思います(日本では言わないけど…)。

握手
アメリカ人は握手好きです。初対面の人に“Nice to meet you.”などといいながら握手をする場面はよく見られます。握手には相手にリスペクト(尊敬、敬意の表し)を示す大切なコミュニケーションです。大事な 場面での握手は、固く相手の手を握ってくださいね。

Hug(ハグ)
異性、同姓に関わらず、親しい人同士の間でなされる挨拶です。お互いぎゅっと抱きしめあいます。ただし、勘違いされたくない相手にするときは要注意。

Kiss
おもに家族や恋人同士(かなり親しい間柄同士)がする挨拶です。Kissでもほっぺにする、口にするなどさまざまです。アメリカ人みんながするわけではないので、お間違いのないように。
戻る