Los Angeles Los Angeles Town

ロサンゼルス
日本
JOL
Japanese-Online.com
FREE Online Japanese Language and Culture Resource

ローカルガイド Local Guide

ヨセミテ国立公園 Part 1 

ヨセミテ国立公園 Part 1 
平均評価: (1) レビューを見る レビューを投稿
アメリカ滞在中にロサンゼルスから訪れてみたい場所といえば、都市部の町並みを楽しめるサンフランシスコ、ギャンブルやショーなどが楽しめるラスベガスなどがありますが、他にも訪れてみたい観光スポットといえば、普段の生活では決して見る事の出来ない壮大な自然が広がるアメリカの国立公園ではないでしょうか。

そんな国立公園の中でも、代表的で人気のある国立公園の一つといえばヨセミテ国立公園でしょう。

ヨセミテ国立公園は、サンフランシスコの東約150マイル、カリフォルニアのシエラネバダ山脈に位置し、ロサンゼルスからは、約6時間半のドライブになります。

1984年に世界遺産に指定されて以来、ヨセミテの持つ自然の美しさを求めて、毎年350万人もの観光客が訪れます。750,000エーカー(1エーカー=1229.6坪)という広大な土地には、数千にも及ぶ湖や池、1,600マイルの小川、800マイルのハイキングトレイル、350マイルの道路などがあります。

年間を通じてオープンしておりますが、75%ほどの観光客が5月~10月の間に訪れます。冬の間、閉鎖していたタイオガロードも5月21日に開通し、また、6月15日にはマリポサグローブも再開予定です。これからの時期がハイキングにぴったりですので、お友達同士やご家族で訪れてみてはいかがでしょうか。

今回の特集は、そんなヨセミテ国立公園の素晴らしさを、Part 1、Part 2と2回に分けてお送りしたいと思います。

基本情報

  • ロサンゼルスからヨセミテ国立公園への行き方

    車でなら、ロサンゼルスから I-5 North、ハイウェイ99、ハイウェイ41 North(フレズノ)と乗り継いで、ヨセミテ国立公園へ行きます。(約340マイル / 約6時間半)
    ※ヨセミテ公園に向かっているときや中に入ったときは、GPSが正しく動かなくなる可能性がありますので、道路標示に従って、目的地に向かってください。

    飛行機でなら、ロサンゼルス国際空港からフレズノ・ヨセミテ国際空港まで約1時間のフライト。空港到着後にレンタカーをお使いの場合は、ハイウェイ41 Northでヨセミテ方面へ運転します。ヨセミテ公園の入り口までは1.5時間で、ヨセミテ渓谷へは2.5時間をみておいて下さい。 また、5月14日~9月14日の夏期間は、フレズノからヨセミテバレーまでのYARTSバスが毎日出ています。

    公共交通機関の利用なら、アムトラックグレイハウンドでMercedへ向かい、そこからYARTSに乗り継いで、ヨセミテ国立公園を目指すことも可能です。

    詳細はヨセミテ国立公園の公共交通機関ページをご覧下さい。※夏期間のみ運行のバスが多いのでご注意ください。

  • ヨセミテ国立公園へは、基本的に一年中訪れることができますが、冬の時期には積雪によって閉ざされている地域もあります。 現在の状況をチェックできます。

  • 入場料 (2018年6月1日~) *7日間有効
    車、ピックアップトラック、RV等(15人以下乗り):一台につき $35
    モーターバイク:一台につき $30
    徒歩、自転車、馬、15人以上乗り乗り物:一人当たり $20 (*16歳以上)

  • 季節によっての見所

- 春 -

春の見所といえば、やっぱり滝。雪どけの水が、豊富な水量を生み出しています。他の季節では見ることのできない小さな滝をも見ることができます。雪が残っている場合がありますので、チェーンを忘れないようにしましょう。

- 夏 -

夏の見所といえば、青々とした木々。夏には、冬に閉ざされていた地域を見ることができます。しかし、元々水量の少ないような小さな滝は、見れない場合があります。雷を伴った雨が降ることがありますので、傘や合羽などを用意していきましょう。

- 秋 -

秋の見所といえば、やっぱり紅葉。日本の秋を思い出させてくれます。しかし、水量がもっとも少ない時期ですので、大きな滝ですら見ることができない場合があります。気候は様々ですので、上着の用意も忘れずにしましょう。

- 冬 -

冬の見所といえば、雪景色。 積雪により、いくつかの地域が閉ざされてしまいます。雨や雪の量によっては、秋に見ることのできなくなった滝が見れるようになれます。チェーンが必要になることが多いですので、忘れずに用意しましょう。

滝を見るなら、やっぱり春。見ごたえのある時期といえば、5月、6月です。雪どけの水によりもっとも水量が多く、大きな滝は迫力満点です。

秋には水量がもっとも少なく、滝を見に行ったら壁しかなかった、なんてこともありえる話ですので、ダイナミックな滝を見たいという方は、秋の観光は避けましょう。

  1. Yosemite Falls
  2. Bridalveil Fall
  3. Vernal Fall
  4. Nevada Fall
  5. Ribbon Fall
  6. Horsetail Fall
  7. Staircase Falls
  8. Illilouette Fall
  9. Wapama Falls

(1) Yosemite Falls

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園滝ヨセミテ国立公園で一番有名な滝といえば、このYosemite Falls。世界でも有数の落差、2,425フィート(739メートル)からなるYosemite Fallsは、実は3つの滝から成り立っています。

Upper Yosemite Fall  1,430フィート(436メートル)
The Middle Cascade  675フィート(206メートル)
Lower Yosemite Fall  320フィート(97メートル)

Lower Yosemite Fallへは歩いて簡単に行くことが出来ますが、Upper Yosemite Fallへは難易度の高いハイキングとなっています。

(2) Bridalveil Fall

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Bridalveil Fall落差620フィート(189メートル)のBridalveil Fallは、年間を通して見ることのできる滝の一つです。
水量の多い春以外では、滝はゆったりと流れています。

また、Bridalveil Fallの下までは歩いて簡単に行くことが出来ます。

(3) Vernal Fall

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Vernal Fall落差317フィート(96メートル)のVernal Fallも、年間を通して見ることができる滝の一つです。
水量が少なくなり始める夏頃には、滝の流れが一つから、最大三つにまで分かれます。

Vernal Fallは、Glacier Pointから、もしくはMist Trailをハイキングしているとよく見ることができます。

(4) Nevada Fall

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Nevad Fall落差594フィート(181メートル)のNevada Fallも、年間を通して見ることができる滝の一つです。

Glacier Pointから、もしくはNevada Fallへのハイキング中によく見ることができます。

この滝はVernal Fallの上、Giant Staircase(巨大階段)と呼ばれるエリアに位置しています。

(5) Ribbon Fall

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Ribbon FallYosemite Fallsの次に落差のある滝はこのRibbon Fallで、落差1,612フィート(491メートル)の落差があります。

El Capitanの西に位置し、Bridalveil Fallの下付近からよく見ることができます。

しかし残念ながらRibbon Fallは、春の時期にしか見ることができません。

(6) Horsetail Fall

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Horsetail Fall落差1,000フィート(305メートル)のHorsetail Fallは、冬の間から早春の時期に見ることができます。

この滝は2月中旬頃の日没時に、夕日のオレンジ色の光を反射して、火のように見えることで有名です。

El Capitanの東側に位置し、そこからよく見ることができます。

(7) Staircase Falls

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Staircase Falls落差1,300フィート(396メートル)のStaircase Fallsは、春の時期に見ることができます。

この滝はGlacier Pointの近くから、Curry Villageの間の様々な岩層を流れ落ちています。

(8) Illilouette Fall

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Illilouette Fall落差370フィート(113メートル)のIllilouette Fallは、年間を通して見ることのできる滝の一つです。

Vernal Fallに向かってハイキングしているとこの滝に気づく事が出来ますが、Glacier Pointから数マイルのPanorama Trailから一番良く見る事が出来ます。

(9) Wapama Falls

ロサンゼルス情報:ヨセミテ国立公園 Wapama Falls落差1,400フィート(426メートル)のWapama Falls は、年間を通して見ることのできる滝の一つです。

5月の水量がピークの時には、下に設置してある歩道橋を超えて流れることがあるほどの滝なのですが、比較的訪れる人が少ない滝でもあります。

この滝は、Hetch Hetchy Valleyからよく見る事が出来ます。

岩層&ヨセミテバレー

  1. Yosemite Valley
  2. Half Dome
  3. El Capitan
  4. Cathedral Rocks and Spires
  5. Three Brothers

(1) Yosemite Valley

Yosemite Valleyは、約3,000フィート(914メートル)の深さに1~2マイルの広さがあり、 岩層の名所として知られています。

この深さを鑑賞するのに一番適した場所は、Glacier Point、もしくはWawona Road (Highway 41)上のTunnel Viewです。

(2) Half Dome

Half Domeは、ヨセミテの中でも最も知られたシンボルの一つで、谷底からだと、約5,000フィート(1524メートル)の高さがあり、頂上までハイキングをしたり、ロッククライミングをしている人を見かけることができます。

Half DomeはYosemie Valleyと、Glacier Pointの東側から見ることが出来ます。

(3) El Capitan

El Capitanは、谷底から3,000フィート(914メートル)の高さがあり、経験豊富なロッククライマーに人気があります。また、花崗岩の一枚岩としては、世界最大の大きさを誇っています。

El Capitanは、Bridalveil Fallの反対側にあり、Yosemite Valleyの西の端にあるBridalveilと、El Capitan Meadowsからよく見ることが出来ます。

(4) Cathedral Rocks and Spires

Cathedral Rocks and Spiresは、Bridalveilの小川が流れる東側の渓谷を形成しています。

El Capitanよりも見応えがあるという人もいます。

(5) Three Brothers

The Three Brothers は、El Capitanの東側に位置し、Eagle Peakと呼ばれる一番高い峰の"Brother"、2番目、3番目に高い峰の "Brothers"から成り立っています。

Three Brothers は、Southside Drive、もしくは、El Capitan Picnic Areaの東側にあるMerced Riverからよく見る事が出来ます。

眺望

ヨセミテ国立公園では、サンディエゴでは決して見る事の出来ない自然が広がり、どこを見渡しても目を奪われてしまいますが、ここではいくつかの有名な見応えのあるスポットをご紹介します。

  1. Glacier Point
  2. Tunnel View
  3. Olmsted Point
  4. O'Shaugnessy Dam & Hetch Hetchy Reservoir
  5. Pothole Dome & Lembert Dome
  6. El Capitan Meadow
  7. Valley View
  8. Sentinel Bridge
  9. Mariposa Grove

(1) Glacier Point

Glacier Pointは、おそらくヨセミテ国立公園の中でも最も人気のあるスポットの一つです。

息を呑むほど美しいYosemite ValleyHalf Dome、三つの滝を見る事の出来るGlacier Pointは絶景です。

Glacier Pointの南にあるWashburn Pointでは、同じような景色を楽しむ事が出来ますが、Vernal FallNevada Fallをより良く見る事が出来ます。Glacier Pointへと続く道は、雪の影響のため、5月下旬、もしくは6月上旬から11月頃までしか開いていません。

(2) Tunnel View

Tunnel View も、最も人気のあるスポットの一つで、ここからは、Half Domeをバックグラウンドに、El CapitanBridalveil Fallを見る事が出来ます。

Tunnel View は、Highway 41上にあるWawona Road 沿いのWawona Tunnel の東の端に位置しています。

(3) Olmsted Point

Tioga Road沿いにあるOlmsted Pointは、Yosemite Valleyの東側を違った角度から見下ろしています。気づきにくいですが、Olmsted Pointから見ることのできるもっとも高い峰の一つがHalf Domeです。

Tioga Roadは、雪の影響のため、5月下旬、もしくは6月上旬から11月頃までしか開いていません。

(4) O'Shaugnessy Dam & Hetch Hetchy Reservoir

Hetch Hetchy Valley の西の端に位置するO'Shaugnessy Dam からは、Yosemite Valleyを流れる滝や岩層、サンフランシスコのベイエリアへ飲料水を供給しているHetch Hetchy 貯水池などを見る事が出来ます。

Hetch Hetchy Road は昼間のみ、一年を通して開いています。また、吹雪の後は閉じられている可能性もあります。

(5) Pothole Dome & Lembert Dome

Tioga Road 沿いにあるTuolumne Meadows の西の端にあるPothole Dome、東の端にあるLembert Dome では、Tuolumne Meadows(牧草地)をよく見ることができます。

(6) El Capitan Meadow

Yosemite Valley内にあるEl Capitan Meadow では、El Capitanを垂直に見上げることができます。また、Cathedral Rocksもよく見る事が出来ます。

El Capitan Meadow は、一方通行のNorthside Drive 沿いにあるので、Yosemite Valley を見た帰り道に立ち寄るといいスポットです。

(7) Valley View

Valley View では、Merced River 沿いからYosemite Valleyを見上げることができます。

この人気のスポットは、Bridalveil Fallを過ぎた後、Pohono Bridge の手前に位置していますが、一方通行のNorthside Drive 沿いにあるので、Yosemite Valleyを見た帰り道に立ち寄るといいスポットです。

(8) Sentinel Bridge

Yosemite Valley内のSentinel Bridge から見える景色は、ヨセミテ国立公園を紹介している本などには必ずといっていいほど取り上げられている有名なスポットで、Marced Riverに反射しているHalf Domeの姿を見る事が出来ます。また、Yosemite Fallsも近くで見る事が出来ます。

(9) Mariposa Grove

Yosemite Valley から36マイルほど南に下った、South Entrance 近くにあるMariposa Groveでは、世界で最も背の高い木とも言われるGiant Sequoia(ジャイアントセコイア)と呼ばれるスギ科の木を見る事が出来ます。

Mariposa Grove への道は積雪のために、11月頃から3、4月頃まで車の通行ができなくなります。(ハイクやスキーでは行く事が出来ます。)

掲載日:06/01/18 記者:Ryutaro

平均評価: (1) レビューを見る レビューを投稿